厚生労働省が妊活で摂取を推奨する葉酸の効果とは?

厚生労働省では、妊娠する1ヶ月頃から
妊娠初期までに1日400μg(0.4mg)の葉酸の摂取を推奨しています。

 

妊娠初期はもちろん、妊活中の女性にとって
葉酸はとても大切な栄養素なのです。

 

 

最近では、サプリメントなどが多く市販されていて、
葉酸を手軽に摂取できるようになりましたが、

 

葉酸がなぜ妊娠中や妊活中にも
摂取を推奨されるほど大切なものなのかご存知ですか?

 

 

厚生労働省が公に推奨していたり、雑誌などの記事を見たことで、
葉酸を何となく摂取している人も多いかと思いますが、

 

妊娠中や妊活中の体に摂取していくものなので、
きちんと葉酸とは何なのか、どんな効果が期待できるのか
知った上で摂取していきましょう。

 

 

ここでは、その葉酸について、まとめてみますので、
これから妊活をしようと検討している人、妊娠中の人もぜひ
葉酸について知った上で、摂取するようにしてください。

 

 

そもそも妊活にいいと言われる「葉酸とは?」

 

葉酸とは、豆類や葉野菜、
レバーなどに多く含まれるビタミンB1群の1種です。

 

葉酸は、妊活中や妊娠初期に摂取することで、
赤ちゃんの健全な発育や、血液を造る働きをしてくれます。

 

 

葉酸が不足すると、貧血を起こしたり、
胎児の先天的な異常を引き起こす可能性もあります。

 

そのため、厚生労働省は妊娠を
予定している女性に葉酸の摂取を推奨しているのです。

 

 

しかい、葉酸は多く摂取すればいいというものでもありません。
葉酸は1日1,000μg(1mg)を上限として摂取するようにしましょう。

 

 

葉酸の具体的な効果は?

 

上でもお伝えしたように、葉酸を摂取することで、
赤ちゃんを健全に発育させたり、血液を造る手助けをしてくれます。

 

 

葉酸の効果を具体的に説明しますと、葉酸を摂取することで、
心臓病、貧血、子宮頸がん、神経管欠損症などの
胎児の先天的奇形を防ぐことができます。

 

 

葉酸を摂取することで、血中濃度を下げ、心臓病の発症を防ぎ、
葉酸は赤血球を作るのに必要な栄養素なので、
葉酸を摂ることで、貧血を防ぐこともできます。

 

また、研究でも葉酸の摂取によって
子宮頸がんの発症率が下がるということが証明されています。

 

 

最後の、胎児の先天的奇形は
受胎してから1ヶ月程度で発生します。

 

 

そのため、妊娠したことに気づいてからの葉酸の摂取では間に合いません。

 

きちんと妊娠前から妊娠初期にかけて継続して葉酸を摂取しておくことが
赤ちゃんの健全な発育にも必要なことなのです。

 

 

葉酸摂取時の注意

 

葉酸は熱や水に弱く、壊れやすい栄養素です。
そのため、日常的にカフェインを摂取したり、飲酒をしている人は
葉酸を摂取しても、カフェインやお酒が葉酸を壊してしまうので、
葉酸がきちんと体内に吸収されません。

 

 

葉酸をきちんと体内に摂取するためには、
普段摂取している他のものにも気を使う必要があります。

 

 

また、アスピリンを常用していたり、ピルを飲んでいる人も
それらによって葉酸の働きは阻止されてしまいます。
もし、妊活を始めるのであれば、これらの常用などについても
きちんと考えな直す必要があります。

 

 

イチゴにも多く含まれている!

 

葉酸はきちんと摂取しようと思って摂取しないと
なかなか摂取できない栄養素だと思われがちですが、
実はイチゴにも葉酸は多く含まれています。

 

 

イチゴであれば、より手軽に葉酸を摂取できるのではないでしょうか?

 

 

また、葉酸を摂取することにばかり考えて、
普段の食事を疎かにしてしまったりすると、せっかく葉酸を摂取しても

 

その栄養素はきちんと体内に吸収されていない可能性もありますので、
1日の上限量をきちんと守って葉酸を摂取しつつも、
普段の食事も健康的なものを摂り、いつ妊娠しても安心な体作りを行ってください。