妊活と葉酸の関係

妊活中や妊娠初期に葉酸を
摂取するといいという話を聞いたことがありませんか?

 

 

普段はあまり気にかけることのない葉酸という栄養素ですが、
実は妊娠を希望する女性や妊娠中の女性にとってとても大切なものなのです。

 

 

そこで、ここでは、妊活と葉酸にはどんな関係があるのかまとめてみたいと思います。
妊活中に葉酸を摂取することでどんな効果が期待できるのか、
きちんと知った上で、積極的に葉酸を摂るようにしましょう。

 

 

葉酸とは?

 

葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種です。
代謝との関わりが深く、核酸やたんぱく質の合成に機能し、
細胞生産、細胞再生を手助けし、体の発育も促してくれる重要な栄養素です。

 

細胞が新しく生産される際に必要な栄養素であり、
赤血球生産も手助けする栄養素でもあります。

 

 

葉酸はブロッコリーや小松菜、パセリ、イチゴ、キウイなどに多く含まれています。
また、魚や肉のビタミンB12と一緒に摂ることで、より吸収がしやすくなるので、
魚や肉などのビタミンB12を多く含む食材と一緒に摂取することが望ましいでしょう。

 

 

厚生労働省でも、葉酸が妊活中や妊娠初期において
摂取すべき栄養素であることは認められています。

 

厚生労働省では、妊娠前から妊娠初期にかけて、
1日400μg(0.4mg)の葉酸を摂取することを推奨しています。

 

ただ、多く葉酸を摂取すればいいということではなく、1日1,000μg(1mg)を上限として
摂取することを勧めています。

 

 

妊活中における葉酸の効果

 

では、実際に妊活中に葉酸を摂取するとどんな効果が期待できるか、ですが、
期待できる効果は以下の通りです。

 

胎児の先天的奇形の予防

 

葉酸を摂取することで、女性のお腹で育つ胎児の先天的奇形を防ぐことができます。
通常、胎児の先天的奇形は受胎後1ヶ月程度で発生します。

 

女性が妊娠に気づくのは受胎後、2ヶ月後からが多いでしょう。
そのため、妊娠に気づいてから葉酸を摂取しては遅いのです。
妊娠前、妊活中から積極的に葉酸を摂取して、予防を心がける必要があるのです。

 

 

心臓病、脳梗塞の予防

 

葉酸は動脈硬化による心臓病や脳梗塞も予防してくれます。
血液中にホモシステインという物質が増えることで、
動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳梗塞を引き起こしてしまいます。

 

 

その心臓病や脳梗塞を引き起こす原因である
ホモシステインを代謝する効果が葉酸にはあるのです。

 

葉酸を摂取することで、血液中のホモシステイン濃度を下げ、
結果的に心臓病や脳梗塞を予防することができるのです。

 

 

子宮頸がんの予防

 

葉酸を毎日継続して摂取している女性は
葉酸を摂取していない女性よりも子宮頸がんの
発症リスクが少ないのです。

 

葉酸は細胞を作り出す際に必要な栄養素なので、
体の発育、成長には欠かせないものです。

 

 

子宮頸がん不特定多数との性行為によって
発症する可能性があるということが報告されていますが、

 

不特定多数との性行為によって疲労した子宮が、
疲労から回復するために葉酸が必要だが、葉酸が不足していると、
子宮が回復できず、子宮頸がんを引き起こす可能性があるのです。

 

 

そのため、きちんと葉酸を摂取することで、子宮を回復させ、
子宮頸がんを予防することができるのです。

 

 

健康で元気な赤ちゃんを産むために!

 

葉酸は上のように、妊活中、妊娠初期にはとても重要な働きをする栄養素です。
上限を守った上で、毎日継続的に摂取し、妊娠しやすい体作り、
健全な胎児の成長をサポートする体作りを行いましょう。

 

 

葉酸は基本的に副作用などはほとんどないとされていますが、
稀な例ですが、不眠症や吐き気、むくみなどの副作用が出ることがあります。

 

そこまでひどい副作用ではありませんが、万が一このような副作用があった場合は、
一度葉酸の摂取をやめて様子を見るようにしてください。

 

妊活と葉酸のには、どんな関係があるの?効果と必要性を解説!記事一覧

厚生労働省では、妊娠する1ヶ月頃から妊娠初期までに1日400μg(0.4mg)の葉酸の摂取を推奨しています。妊娠初期はもちろん、妊活中の女性にとって葉酸はとても大切な栄養素なのです。最近では、サプリメントなどが多く市販されていて、葉酸を手軽に摂取できるようになりましたが、葉酸がなぜ妊娠中や妊活中にも摂取を推奨されるほど大切なものなのかご存知ですか?厚生労働省が公に推奨していたり、雑誌などの記事を見...