妊活において男性がすべきこと

妊活は主に女性が行ったり、気をつけるべきことが多く、
女性の負担が多くなってしまいがちです。

 

そのため、女性は妊活によってストレスを抱えてしまうことが多く、
ストレスを抱えることで、ホルモンバランスが崩れ、
更に妊娠から遠ざかってしまうという悪循環を引き起こしてしまいます。

 

 

しかし、妊活、妊娠は女性一人で行うものではありません。
男性がいてこそ成り立つものなのです。

 

そのため、男性も妊活において、女性のサポートを含め、
すべきことがありますが、実際、妊活をしていても
男性が何をすべきなのかがわからないという人が多いのが実態かと思います。

 

 

そこで、妊活において男性がすべきことをまとめてみますので、
女性と協力して妊活をすすめていきたいが、何をすべきかわからないという人は
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

男性も検査を受ける

 

妊活を始めるにあたって、女性は婦人科で子宮や卵巣などの状態を調べる検査を受けます。
しかし、男性も同時に不妊の可能性がないか検査を受けておくといいでしょう。

 

男性の検査は産婦人科で受けることができる病院もありますが、
泌尿器科で受けることもできます。

 

 

不妊の原因は女性側の子宮や卵巣などに原因があることもありますが、
男性側に原因がある可能性も大いにあります。

 

男性は性行為を行い、射精を行ってることでついつい自分に原因はないだろうと
勘違いしがちですが、射精をしていることが妊娠に必ずしもつながるとは限らないのです。

 

 

自分の精子の量や状態なども調べてもらい、不妊の原因がないか
きちんと妊活をする際には調べてもらってからスタートすることで、
その後の方針なども変わってきます。

 

 

食生活の改善は男性も必要!

 

妊活をしていく上で大切なのは女性の体で、
女性だけが食生活に気をつけていればいいと
勘違いされがちですが、実は男性も食生活を改善することが大切です。

 

 

特に、男性が積極的に摂取すべき栄養素は亜鉛です。
亜鉛は男性の精子の量を増やし、精子の運動量を増やしてくれます。

 

逆に、亜鉛が不足することで、精子の量は減り、弱々しい精子を増やすこととなり、
性行為を行っていても妊娠しづらい精子のみを射精するようになり、
結果的に不妊へとつながってしまいます。

 

 

亜鉛は牡蠣やアサリなどの貝類、納豆や豆腐などの大豆製品、
チーズやレバーなどに多く含まれる栄養素です。

 

ただ、亜鉛は体内への吸収率が悪く、摂取をしても約7割以上の成分は
きちんと吸収されず、排出されてしまいます。

 

そのため、亜鉛を多く含む食材を意識して摂取するとともに、
サプリメントなども活用して、なるべく多くの亜鉛を体内に吸収できるようにしましょう。

 

 

男性のサポートが最も重要!

 

上のように、男性も女性と同じように、検査を受けたり、
食生活を見直したりということが大切になりますが、
妊活において男性がすべき最も大切なことは女性のサポートです。

 

やはり妊活や妊娠において負担が多くかかってしまうのは女性側です。
女性側にのみ負担がかかると、女性は多くのストレスを抱えることになってしまいます。

 

男性も常に一緒に妊活をしているんだ、ということを忘れずに、
自分の代わりに負担を抱えてくれている女性のサポートをしてあげてください。