妊活に適した年代とは

今や年代に問わず妊活をしている女性は多くいます。
しかし、年代によっては、どうしても体の変化などによって、
自然妊娠が難しくなってきます。

 

 

そのため、20代であれば、自然妊娠できるはずだと考えていても、
いつのまにか自然妊娠が難しくなっていることもあります。

 

 

また、30代で妊娠を希望し始めても、自然妊娠が難しく、
いつの間にか、不妊治療が必要となっている場合もあります。

 

そういったいつの間にか自然妊娠が難しくなっていた、という状況を避けるためにも、
適した年代で妊活をスタートしておくことが大切です。

 

 

妊娠を希望しているけど、できない、という場合には
色々と原因がある場合もあります。

 

妊活をスタートする際にはまずは婦人科を受診し、
子宮や卵巣の状態を診てもらい、妊娠するための障害がないかどうかをチェックしてから、
妊活をすすめていきましょう。

 

 

妊活はいつが始め時?

 

ずばり結論からお伝えしてしまうと、
妊活は20代のうちから始めておくのがベストです。

 

もちろん、自分やパートナーの状況や、周りの環境などによって
多少前後してくるかとは思いますが、
妊活を始めるのにベストな時期は20代後半だとされています。

 

 

女性、男性ともに、結婚してある程度生活の基盤ができた頃に、
周りが出産してきて、自分も赤ちゃんがほしくなって、

 

といった妊活を始めるためのきっかけがあるかとは思いますが、
どうしても年齢が上がることで、自然妊娠の確率は下がってきてしまいます。

 

 

自然妊娠が難しくなると、不妊治療を行うようになりますが、
不妊治療を行うことが金銭的にも、体力的にも、
精神的にも大きな負担となりがちです。

 

そのため、不妊治療を最終手段と考えるならば、
その一段階前の手段である妊活は早めにスタートしておくことが大切となってくるのです。

 

 

排卵日に性行為を行い、自然妊娠する確率は
20代前半で50%、30代前半で40%、
30代後半になると30%程度とされています。

 

自然妊娠の確率が高い20代前半であっても、妊娠するかどうかは半々で、
30代後半になると、約3割の確率になってしまいます。

 

 

もちろん、30代後半でも40代であっても妊娠、出産する人もいますが、
20代での出産に比べて色々なリスクも高くなってしまいます。
そういった面で考えても、早めに妊活を始めておくことが大切になってきます。

 

 

妊活は何から始める?

 

実際、妊活を始めたら何から始めればいいのかご存知ですか?

 

まずやるべきことは、婦人科の検査を受けることです。

 

婦人科の検査というと、少し怖いイメージもあるかとは思いますが、
妊娠のため、これから女性のお腹で育っていく胎児のためにも
必要な検査となりますので、きちんと信頼できる病院を受診し、
検査を受けておくようにしましょう。

 

 

婦人科では、問診の後に、内診を行い、子宮や卵巣の状態を確認し、
超音波検査で子宮頸がん、卵巣嚢腫などの病気がないかをチェックします。

 

また、血液検査も行い、HIVや肝炎などの
病気の有無、ホルモンバランスなども診てもらいます。

 

 

あとは、食生活の改善を行ったり、基礎体温を計り、
妊娠に適した時期を見計らって性行為を行うこと、
妊娠しやすい体作りのために必要な栄養素を摂取したり、
適度な運動を行ったりなどします。

 

 

これを行ったために妊娠できた、というはっきりとした理由は
わかりづらいですが、食生活の改善、排卵のタイミングを見る、
適度な運動などの色々な活動によって、妊娠しやすい環境ができるのです。

 

 

30代後半になると自然妊娠活率は30%ほど・・・。

 

パートナーと漠然と将来は何人子供が欲しいという話をしていても、
30代で妊娠できなかったら妊活しようかなと考えている人も多くいるかと思います。

 

しかし、30代後半になると上でお伝えしたように自然妊娠の確率は
排卵のタイミングと合っていても約3割程度です。

 

そのため、漠然とした話ではなく、パートナーと家族計画について
しっかりと話し合い、いつ頃までに妊娠して、赤ちゃんがほしいという計画をたて、
なるべく早めに妊活を始めるようにしましょう。